ごーぱち接骨院 | 熊谷の腰痛専門治療院

熊谷市で唯一KYT(ken yamamoto technique)を行っています。他にもAKA療法、ASTR、トリガーポイント療法、筋膜リリース、switch back technique等の様々な手技を駆使して「腰痛を熊谷から無くしたい」を目標に日々努力しております。
 048-501-2094
お問い合わせ

主な手技療法

手技療法といっても様々な種類があります。具体的にどういうものなのか?

当院で行っている手技療法を簡単に紹介します。

 

 KYT(ken yamamoto techique)

世界を股にかける治療家ken yamamoto氏が考案した新しいメソッドです。

このテクニックの一番の特徴は、直接痛い患部に触れずに関連した個所を施術することで回復を促します。

関節・筋肉を正しい位置(解剖学的肢位)に戻すことであらゆる痛みが軽減していきます。

 

AKA療法

骨盤に仙腸関節というわずか数ミリしか動かない関節があります。

日常のちょっとした動きも感知して身体のバランスをとっている仙腸関節に、何らかの外力が加わるとロックされて動かなくなってしまいます。この状態を仙腸関節機能障害といいます。

このロックを解除するのを目的で行うものがAKA療法です。痛みを感じない弱い力でアプローチしてロックを解除します。

 

ASTR

特定の軟部組織(筋筋・膜・靭帯・腱・腱鞘)を局所的に圧迫伸張を加えて固定しつつ、隣接した関節の運動を行うことで、より細かいレベルの組織緊張を取ることが出来る手技です。

なかなか取れない痛みは、この細かいレベルの組織緊張によって残っていることが多いのですが、この治療法はそのような場合に効果を上げます。

 

SWITCH BACK TECHNIQUE

筋膜を対象とした複合技法です。

最も大きな特徴は、機能障害を起こしている部分だけをターゲットにするのではなく、共働関係を持つ筋膜同士を一つの機能単位として捉え、そのユニット全体にアプローチしていく点です。

 

トリガーポイント療法

「筋肉の痛みの引き金となっている点」の事です。

押すと痛みを感じる部位を圧痛点といい、圧痛点の中には押した部位だけではなく、ほかの部位まで痛みが広がる特別な場所があります。そこがトリガーポイントです。

実際に痛みを感じている場所とは関係のない所にあることが多く、見逃されているケースがあります。

 

筋膜リリース

第二の骨格とも呼ばれる身体全体の筋膜システムに対するアプローチです。

持続した緩やかな圧迫や伸張を適用し、組織の温度やエネルギーの状態を高め、筋膜組織の状態に応じて筋膜を三次元方向に伸張します。

筋膜の制限を解除し、筋骨格系全体の姿勢バランスを元に戻すことを目的とします。

 

その外にもIDストレッチング、関節モビリゼーション、マイオチューニングアプローチ、マリガンコンセプト等

豊富な手技であなたの身体の悩みを解決いたします。

2019.12.09 Monday